酵素ドリンクとは?簡単にわかりやすく解説

私は身体を気遣いたいという友人に酵素ドリンクをすすめています。ただ、友人が口をそろえて言うのが「具体的に何に利くのかを知らないとお金を出そうとは思えない」です。

そうですよね、良さを実感しないと誰も信用してくれません。

この記事では酵素ドリンクについてわかりやすくご説明します。なぜ私たちの体に必要なのか、摂ることでどのようなメリットがあるのか、酵素ドリンクをいますぐ飲みたくなりますよ。

酵素ドリンクは忙しい私たちに最適な飲み物

はじめにお伝えしますが、仕事や家事に追われた生活をしている私たちは毎日時間をかけてトレーニングを行ったり凝った料理をしたりすることができません。簡単に言うと、酵素ドリンクはきちんと選んで飲むだけで私たちが得たい効果を手にすることができます。

私自身もはじめはSNSでモデルなどがアップしている酵素ドリンクを見て「飲んで何が変わるんだ」と疑っていたひとりでした。しかし、実際に飲んでみて実感、自分に自信が持てるようになったいまは無理をしてトレーニングをしなくなりました。

酵素ドリンクはとてもおすすめですが、まずはそもそも酵素って何か?ということからご紹介しなくては良さが伝わりません。

酵素とは?簡単にご説明します

酵素とは命があるものすべてに存在していて、生き物が起こす化学反応に関わっています。酵素には種類があるので、それぞれを簡単にご説明します。

消化酵素とは

消化酵素とは潜在的に身体の中にあって、私たちが食べたものを消化する酵素です。消化酵素の働きによって分解された栄養素は小腸で吸収され体内に送られていきます。

でんぷんを分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼ、これらは酵素、何かしら耳にしたことがあると思います。

代謝酵素とは

代謝酵素とは潜在的に身体のなかにあって、消化酵素によってエネルギーに変えられたものを体内で働かせる酵素です。例えば血行を促進させ代謝を上げたり体の抵抗力を上げたりホルモンバランスを調整させたりします。

酵素ドリンクの考察

これは福岡工業大学総合研究機構研究所所報からの抜粋です。

いわゆる「酵素食品」と呼ばれる商品は一般に、野菜、果実、穀物などの多種食材を混合発酵・熟成して製造される。

原料由来の食物酵素は、商品の製造過程で分解されるか、もしくは摂取後に生体内の消化酵素により分解されるため、食物酵素としての機能性は期待できない。

一方、酵素食品には原料由来のポリフェノールや食物繊維、発酵熟
成により生成した成分などが豊富に含まれるため、本実験ではこれらの成分による効果について検討した。

引用:いわゆる「酵素食品」の有用性評価

これは正にその通りで、酵素は飲むだけで全ての野菜の代替になるわけではありません。あくまで、ダイエットや代謝改善の補助品として飲むべきものなのです。

酵素ドリンクの効果や飲み方が先に気になる方は下記の記事も読んでみてください。

酵素ドリンク 効果

酵素ドリンク 飲み方

酵素とは簡単に言うと最高のデトックス

体内には前項でご紹介した酵素が潜在的に存在するのですが、食物酵素を多く含む食材をたくさん食べればそれらの酵素を使う必要がないため体内に酵素が豊富にある状態を保てます。

それは何を示すのかとうと、積極的に新陳代謝を行い老廃物をどんどん体外に排出する身体を作ることができるのです。

  • 便秘知らず
  • 身体ポカポカ
  • ダイエットが上手くいく
  • 風邪などがひきにくくなる
  • 肌の調子が良くなる

老廃物をどんどん体外に排出するのですから、エステなどに行かなくても上記のような嬉しいことがたくさん起きます。

ダイエットでカロリーを気にして食べない人がいますが、それはNGなダイエットのやり方、正しいダイエットは食べるべきものを選んで食べることです。

生まれ備わった酵素を美容や健康にどんどん活かすべきですよね。

代謝が上がると見た目が変わります。

食物酵素を多く含む食べ物

酵素を多く含む食べ物は下記です。

  • 生の野菜
  • 生のフルーツ
  • 納豆・味噌・ヨーグルトなどの発酵食品

これらの食べ物は消化を助け吸収や排せつなどを促します。

例えばキウイは肉を柔らかくする働きがあるので、下味の段階で使用されることがあります。

天ぷらにすりおろした大根が添えられているのは胃もたれやむかつきを予防するため、これらは酵素の働きを上手に活かした食べ方です。

共通することは「生」酵素は熱に弱いため、すり下ろしたりそのまま漬けたりして使用しています。

食物から酵素を取り入れる良さを知っている人は、積極的に野菜や果物を生で食べていますよ。

酵素が不足するとどうなるの?!

忙しいからと食事がジャンクフードに偏ったりダイエットといって食事量を極端に少なくしたりすると酵素不足を起こします。

若いころは不摂生をしてもそれほど不調ではなかったかもしれないけれど、酵素は1日に作られる量に限りがあるので、体内の消化酵素や代謝酵素を使いきると身体に負担をかけることになりますよ。

また、加齢とともに体内で作られる酵素は減少するため「最近疲れやすくなったな」と思っているあなたは酵素不足かもしれませんよ。

酵素不足を起こすと身体には下記のようなことが起こります。

  • 基礎代謝が下がる
  • 血液の循環が悪くなる
  • 液がドロドロになり老廃物が身体に溜まる

私の周りにもたくさんいますが、減量ためにサバ缶だけ食べるなど偏った生活をしている人がいます。

本当に大事なのはカロリーよりもむしろ食べた内容です。ジャンクフードや缶詰だけでは酵素が不足し体温が下がります。

体温が下がるのですから基礎代謝も下がるため積極的に動いてもなかなか痩せないのは酵素不足かもしれませんよ。

また血液やリンパ液がドロドロになってとどまり、それらは体内で劣化、免疫力やホルモンバランスが崩れ、便秘を起こしたり肌荒れや抜け毛といったトラブルが起こったりして実年齢よりも老けて見えます。

張り切ってジョギングしたのに体脂肪や体重が減っていないとやる気がなくなりますよね。

酵素ドリンクとは

そこで、簡単に食物酵素を取り入れることができる酵素ドリンクの出番です。

酵素ドリンクとは野菜・海藻・穀物などたくさんのものを発酵させ抽出した、幼い子供から高齢者まで安心して飲めるドリンクです。

発酵食品なので酵母菌が生きたまま摂ることができます。

わざわざ酵素専門店に行く必要はなく、最近はスマートフォンなどから手軽に注文できるようになりました。

カロリーが低いのに栄養があり腹持ちが良いという特徴を兼ね備えているのでファスティングにも利用されています。

多くの酵素ドリンクは原液をそのまま飲むか、炭酸水や水にまぜたり、なかにはヨーグルトにかけて食べているという人もいます。

1回にたくさん飲む必要がなく手軽に摂れるので、酵素ドリンク生活はどなたでも簡単に始められますよ。

酵素ドリンクをおすすめする理由

納豆やキムチなどのように発酵しているということだけで身体に良い影響を与えるのは何となくわかりますね。酵素ドリンクをおすすめする理由は下記です。

手軽に飲めて効果を実感できるから

酵素をたくさん摂るために、生野菜をすりおろして料理に使ったりサラダを大量に食べたり果物をたくさん買ったり、はじめはSNSに投稿して楽しく酵素生活ができるでしょうが、正直毎日は続きません。

酵素は熱に弱いから加熱できないし調理法にも限りがあるからです。

SNSなどで梅やマルベリーを瓶に漬け込み自作の酵素ドリンクを作っている人を見かけますが、無農薬の野菜や果物を探したり発酵を促すために毎日混ぜるなどの手間がかかったりします。

無農薬の農作物を手に入れるお金や労力を考えると、プロが作ったものを飲むほうが安全で手軽だと思いませんか?!

私も自作できればと試しましたが美味しく作れず断念した身、しかも作ったものに自信がなく(悪くなっているかもしれないという不安)家族に分けるということはできませんでした。

野菜や果物はそれぞれの特徴を考えた保管をしないと悪くなりますよね。忙しくて食べる時間がないと腐って無駄になってしまうこともあります。

プロが作った酵素ドリンクは酵母が生きているから常温保存できるし、もちろん毎日飲むから賞味期限以内に飲み終えることができますよ。

また調理する必要がないから朝に飲む場合もバタバタせずに済むし洗い物は最小限です。

自分で考えて材料を選ばなくても良いのもおすすめのポイントです。

コップ1杯の酵素ドリンクは野菜や果物1㎏分の栄養に相当するとも言われています。

1回の食事で1㎏もの野菜や果物を食べるなんてできない、きちんとしたメーカーを選ぶことで酵素パワーを要領良く得られますよ。

単純に美味しいから

数年前から流行し現在も市販されている酵素ドリンクは、美味しくないものは淘汰されていまは美味しく飲めるものばかりです。

単純に美味しいと酵素パワーを得たい以前に飲みたい気持ちが強まり毎日続けることができますよ。

梅味は特におすすめ、飲みやすいのでお試しください。

カロリーが低いから

酵素ドリンクは野菜などを発酵させた飲み物で良質の酵素ドリンクは砂糖など余計なものを入れていません。

だから砂糖などを入れて作られた野菜ジュースと比べるとカロリーは格段に低いです。

もしも現在飲みやすい野菜ジュースで野菜不足を解消されているなら、酵素ドリンクに乗り換えてみてください。明らかに摂取カロリーや砂糖の摂取量が減りますよ。

良い酵素ドリンクとは!選ぶポイント

酵素ドリンクはたくさん市販されていますが、満足するには下記ポイントを押さえたメーカーを選ぶようにしましょう。

原材料が国内産の酵素ドリンク

外国製の野菜や果物の多くは船便を使って数か月かけて日本にやってくるため防腐剤などを使用しています。

厳しい基準が設けられているとはいえそういったものを体内に取り込まないほうが身体に負担をかけません。

旬のものを食べるのが身体に良い、つまり酵素ドリンクを選ぶ際には国産の野菜や果物を使用しているものを選びましょう。

無添加の酵素ドリンク

添加物を使用しているメーカーは儲けを出すために原液を薄めたり添加物を加えたりして腐敗を防いでいます。また見た目や香りを良くするために着色料や香料を使用しています。

酵素ドリンクは発酵させたものなので砂糖や水で薄めない限り腐る心配はありません。

「香料・着色料・添加物なし」など明確に記載したメーカーを選ぶようにしましょう。

原液の酵素ドリンク

酵素ドリンクを選ぶポイントは野菜そのものの名称が記載されているものです。原材料に「〇〇エキス」と記載されているものは水で薄められています。

お試し期間がある酵素ドリンク

飲みやすい酵素ドリンクが増えたといっても購入した酵素ドリンクが自分好みでないと続けて飲むことができません。また、他のメーカーの酵素ドリンクも飲み比べてみたいと思います。

そんなときお試しで飲める少量やお試し期間を設けているメーカーだったら、他のメーカーも試すことができますよ。

美味しい酵素ドリンク

安く作るために砂糖や香料を使用しているメーカの酵素ドリンクは良質の酵素ドリンクとは比べ物にならないくらい後味が悪いです。

美味しくないと続けることができないので、酵素ドリンクを買う前に原材料を見てグラニュー糖や香料を使用していないメーカーを選ぶようにしましょう。

安価すぎない酵素ドリンク

いくつかの商品を比べたとき安いものに目が行きがちですが、安価には理由があります。

お伝えしたように水で薄めていたり粗悪品を扱っていたりする可能性を考慮し、あまりにも安価なものは手を出さないようにしましょう。

酵素ドリンクとは私たちの生活をより充実させるもの

毎日たくさんの野菜や果物を摂るのは難しいですよね。

特別な努力をせず代謝をアップさせ毎日を送ることができれば生活はより楽しいものになります。

酵素ドリンクは手軽に代謝を上げることができるのでおすすめです。実感するには試すのがいちばん、ぜひ飲んでみてください。

酵素ドリンクの良さを実感したいなら無添加のものを選ぼう!

2019/9/3  

SNSを見ると酵素ドリンクを飲んでいる人が多いことがわかります。「自分も飲んでみたい、でもどんな酵素ドリンクを飲めば良いのかわからない」という人は多いと思います。 安全に酵素ドリンクを飲むために、購入 ...

酵素ドリンクは市販とネットどっちが安い?コンビニ・薬局・スーパー・ドンキ全部行ってきた!

2019/8/9  

ネット通販で酵素ドリンクが買えるのは知っているけれど「今すぐ手に入れたい」というときにコンビニやドラッグストアなどで買うことができれば嬉しいですね。 ただ、市販品とネット通販での購入、どちらがお得かと ...

酵素ドリンクの飲み方。飲むタイミングは寝る前が良い?最適な量など徹底解説

2019/7/10  

酵素ドリンクがダイエットやファスティングの定番になっていますが「効果があったよ」という人もいれば「変わらない」という人もいます。 同じ人間なのに何が違うのか?もちろん生活習慣が大きく関わっているはずで ...

ファスティングには酵素ドリンクがおすすめ!3日間断食ダイエットで差をつける

2019/7/25  

生活向上の意識が高まり休日などを利用してファスティング(断食)をするという話をよく耳にするようになりました。ファスティングを行ってきれいになった人を見ると羨ましく思うけれど、自分は成功するかと考えると ...

酵素ドリンクは意味ない?効果・効能を実際に検証しました

2019/9/25  

体質を改善したいとき酵素ドリンクを利用するのが定番となっていますが一方で「酵素ドリンクは意味ない」という投稿や記事を見かけるようになりました。意味がないものを飲み続けるほど無駄はありませんよね。 今回 ...

酵素ドリンクダイエットを成功に導くやり方と4つのポイント!酵素ダイエットで痩せない理由も説明

2019/7/25  

「痩せなきゃ」と酵素ドリンクを飲み始めたものの、一向に効果が出なくて止めたという投稿をよく見かけます。SNSを見ていると結果を出している人がたくさんいる、それなのになぜ自分は痩せないのか気になりません ...

Copyright© BODY PLUS , 2019 All Rights Reserved.